2006年04月30日

消費税率を上げるべきなのか?

消費税率について谷垣財務大臣TV朝日の番組にて『8%』に抑えるのは困難と漏らしたようだ。具体的な税率については、ポスト小泉の候補にもあがる同氏は、争点の1つになるであろうこの問に答えてはいないが、時期については明確ではないが、10%以上を考えているのであろう。

消費税を社会保障費や医療費にまわす事を念頭においた発言であると思われるが、消費税率を議論する前に、少子高齢化時代、人口減少化時代における予算配分をあり方についてのビジョンを示すべきであろう。

そもそも、増加率については考慮すべきではあるが、高齢化が進めば社会保障費が増加するのは当たり前であるが、社会保障費に財源をまわす分何処の歳出を切り詰めるのかを考える必要があると思う。

先日も触れたが、人口減少時代にこれ以上高速道路を整備する必要が何処にあるのか?地方空港や新幹線を整備する必要が何処にあるのか?

本当に道路やインフラが必要なら、税金や債券で費用を捻出するのではなく市場で調達すれば良いのである。

予算配分については、憲法に立ち返って考えてみると良いと思う。

第11条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

第26条 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

憲法の上では、国民の人権・社会保障・健康・教育を最も重視しているのである。

現在の予算規模(特別会計を含めたグロスの予算)で、国民の人権・社会保障・健康・教育に関わる経費を捻出したうえで、余剰した予算で何が出来るかを議論すべきである。
要するに思考順序が逆なのである。

安易に消費税の増税に賛成するのは、如何なものかと思う。マスコミも良く考えて報道してもらいたい。
posted by 税金知郎 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 財政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

高速道路全線建設の舞台裏

先日のNHKスペシャル“全線建設”はこうして決まったを見られた方も多いと思うが、やはり高速道路建設については、触れずにはいられない。

民営化によって採算を重視するので無駄な道路はもう作られないであろうという国民の期待もむなしく、民営化以前の整備計画9342kmすべてを建設するという方針が発表されたのは記憶に新しいところだ。

番組では、民営化会社の一つである中日本高速道路と地方自治体(山梨県,山梨県南部町,福井県)と国土交通省の話し合いの中で高速道路の建設が決まっていた流れを紹介していた。

簡単に言うと道路建設は必ず作るという結果は最初から決まっており、誰が費用を負担するのかを、三者が取決めたという事だ。
民営化会社:採算性が低い道路は新直轄方式で自治体及び国に作らせたい
国及び地方自治体:できるだけ民営化会社で作らせたい


民営化会社が作れば料金による国民負担、新直轄では、税金による国民負担という事だ。

いずれにしてもお金の出処は国民であることだ。

どちらにしても負担は大きいのだが、民営化会社の負担を大きくする方が、より最悪なシナリオになると思う。
理由は国鉄の民営化のケースと同じである。
国鉄の民営化の際、国鉄時代の債務の償還は1987年当初、国民負担56%JR負担44%だったのが、10年後の1998年には、国民負担85%JR負担15%に摩り替わったのだ。
国鉄の債務が当時25.5兆円に対して、日本高速道路保有債務返済機構の債務残高が40兆円
考えただけで、ぞっとする数字ではないか。

作る事が決まったからといって、このまま作らせてよいのか?止める手段はないのか・・・。微力ながら悪あがきはしてみよう。
posted by 税金知郎 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 無駄な公共事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

一新塾ってどんなとこ

今日は3本目の投稿。タイミングが重要なのと、思いついたらすぐ行動が自分のもっとーなので。
ネクストリーダー養成学校一新塾。我々が学んだ学校である。
一新塾は、1994年、”生活者主権”の新しい道州制日本を創り出すネクスト・リーダーを養成するため、大前研一氏を創設者として開塾。
現在までに、2600名の卒塾生を輩出し、60人を越す議員と数々の社会企業家を世に送り出している。
私も塾で学び、起業に至った。共同経営者もまた一新塾生である。
一新塾で学んで良かった点は、著名な講師の講義を受けられることよりも、むしろ普段の生活では交流できない人材とネットワークがきづけた事である。

一新塾は只今18期生の募集中である。
説明会に参加したい方は下記をクリックして下さい。

一新塾18期生只今説明会受付中

みなさんにお会いできる日を楽しみにしています。

18panf_001.gif
posted by 税金知郎 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 一新塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お薦めの書1〜日本が自滅する日〜

毎週一冊私が影響を受けた書籍の紹介を行います。

第一回目は、2002年10月25日に非業の死をとげた石井 紘基氏の著書を紹介させて頂きたい。

タイトル:日本が自滅する日
著者:石井 紘基

石井氏は、国をダメにした利権政治と官制経済体制と戦い続け、残念ながら非業の最後を迎えてしまったのだが、本書では、図解も多く日本の社会システムの問題点である官制経済体制について特に特別会計・財政投融資・補助金を中心に、非常にわかりやすく解説してある。
私が行っている調査・分析の参考にさせて頂いている。

今では、特別会計の問題もほぼ毎日のように取り上げれれるようになり、問題追求が日増しに高まっているが、石井氏の活動を無駄にしないためにも、我々も一刻も早く官制経済体制と利権政治に終止符をうち、健全な市場経済、衡平・公正な政治の実現に向け行動していきたいと考えている。

購入は下記をクリック
posted by 税金知郎 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

唐澤義達氏(川口市議)との打ち合わせ

本日は、ネクストリーダー養成学校一新塾で共に学んだ川口市議会議員唐澤義達氏と打ち合わせを行った。

唐澤氏は毎週自分の政策や学んだ事をA4数枚にまとめた通信を作成し、自分の考えを広く市民に伝えるため、平日はほぼ毎朝駅頭で配布している。
その精力的な活動には敬服する。

膨大な量のコンテンツがあるが紙媒体だけでは勿体ないので、Webにまとめて
公開する事に決定した。GW明けにはwebサイトもリニューアルする予定。

晩は、仮称川口の政策バーで、店主と政策談義を行った。川口市の市政の歴史の一旦にふれられ有意義な話ができた。

川口市も債務残高が高いのにもかかわらず、駅前再開発が続行中であるので、税金の使い道を転換していく必要性があると思われる。今後は、唐澤氏とは連携し唐澤氏の政策を反映させた予算案を策定していく予定である。
posted by 税金知郎 at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 一新塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

なぜ止まらない公共事業

昨晩、佐藤謙一郎氏が主催する洗心洞大学の講義に参加した。
主題は、なぜ止まらない無駄な公共事業
講師の藤原信氏(宇都宮大学名誉教授)の話の内容を要約は下記。

公共事業が止まらない理由は下記三点
(1)行政の継続性:1度決めたら止められない
(2)行政の無病性:行政は間違えない
(3)行政の無責任性:行政は結果責任をとらない

公共事業の資金源は下記4点
(1)建設国債
(2)特例国債
(9)借款国債
(4)財政投融資


公共事業の問題点は下記3点
(1)すでに破綻した公共事業でも強行される。
(2)無駄な公共事業により国や地方の財政が破綻する。
(3)無駄な公共事業により自然環境等が破壊される。


また、三橋充子氏(自営業)から、市民運動により新潟県の奥胎内ダム建設の反対等、無駄な公共事業を見直させるよう行政に働きかけている現場の声も拝聴できた。

講義を受けての感想と今後のアクションについて下記にしめす。
公共事業の財源が事業行う地域ではなく、国債・地方債・補助金・交付金である事が一番大きな問題だと感じた。

要は自分の金じゃないから無駄な事業を行うし、住民も当事者意識がないのだ。

よって、無駄な公共事業を無くすには下記を実行する必要があると思う。

(1)住民の意識をあおる。無駄な公共事業を行う事で自分の子供や孫が借金
で首が廻らなくなる事をデータを用いて示す。
(2)地方分権を推進し、補助金・交付金原則廃止し、国と地方の財源を現行
の6:4から3:7にし、地方に財源も権限も移譲する。
(3)税金の使途を知り・考え・決める権限を市民に与える。

手始めに無駄な公共事業計画マップの作成を行うので、期待していて下さい。
posted by 税金知郎 at 02:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 無駄な公共事業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

昨日の選挙結果について

千葉7区補選の結果は、僅差の955票差で前千葉県議会議員太田和美氏(民主公認)が前埼玉県副知事である斎藤健氏(自民公認)をやぶり初当選。

岩国市長選挙は、住民投票を実施した基地移転反対派の井原勝介氏(無所属)が当選。
沖縄市長選挙は、嘉手納基地(沖縄市など3市町)の自衛隊との共同使用に反対の東門美津子氏(無=民主・共産・社民・自連合推薦)が当選

与党全敗といった結果でしたね。

この結果についての見解であるが、現与党である自民党議員の数があまりにも多数であり、野党第一党の民主党もあまりに不甲斐ないため、政治に緊張感がなくなり政治の質が低下していると常々感じていたので、国民にとって喜ばしい結果であると思っている。

だいたい万年与党・万年野党が定着化している国家が民主主義国だといえるわけがないではないか。

来年の統一地方選、参院選はどうなるのか?
いよいよこの国にも、一般市民が政治や行政を動かせる健全な民主主義がうまれるのか?
傍観者ではなく市民が主役の社会実現に向けて多方面から仕掛けていきたい。
posted by 税金知郎 at 05:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。