2006年08月31日

国債費10.2%増2007年度国家財政一般予算要求

財務省は30日、今月末が提出期限の2007年度予算概算要求について、一般会計の総額が06年度当初予算比3.8%(3兆0400億円)増の82兆7300億円程度になることを明らかにした。

ポイントは国債の償還や利払いに充てる国債費は同10.2%増20兆6900億円程度となる予定。

国債費の増加要因は、発行残高の拡大や日銀のゼロ金利政策解除を踏まえ、想定する長期金利を06年度概算要求段階の2.7%から2.9%に引き上げたこととされている。

これは一般会計だけの話。

2006年度の特別会計を含めた国債費は財務省日本国債ハンドブックによると下記金額

・借款債:108.3兆円
・新規債:29.97兆円
・財投債:27.2兆円
 合計 :165.47兆円


借款債は借金返済のための借金だから・・・まさに破綻しているのは明らか!一般企業では、確実に倒産してますね。

財務省の予算要求どうり10.2%増だとすると182兆円になる可能性がある。

これはいよいよ危険な状態。
とにかく歳出を決めてから歳入を決めるという考え方を即刻改め、入りを量って出を制すという経営の鉄則に従って、国家経営をしていくべきである!
そろそろ経営者を変える時期に来たのではないだろうか。
懸命な国民の判断が望まれる。

もっと日本の財政・地方財政のことを知りたい方は、まる税君の日本解体新書をお申し込み下さい。

問い合わせはこちらまでinfo@smslabo.com
posted by 税金知郎 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 財政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

危ない自治体ランキング1位は?

夕張市が財政再揃団体の申請をしたのは記憶に新しいことであろう。
社会経営システム研究所では、危ない自治体のランキングを自治体の決算データを基に作成している。

指標としては次の10の指標を分析すれば判断できると考えられる。
資金繰り指標
@借金返済の負担を量る公債費負担比率
A財政構造の弾力性を量る経常収支比率と実質経常収支比率
B地方債の依存度を量る地方債依存比率と起債制限比率
C財源の自立性を量る実質自主財源比率
D財政運営の健全性を量る実質収支比率
債務償還能力指標
E借金の返済能力を量る債務償還可能年数
F借金の残高を量る実質債務残高倍率および債務残高倍率
G将来貯蓄の健全性を量る積立金
H公債費を除いた経常収支比率
I財政の裕福度を量る財政力指数


我々の調査では全孫全ての市・区(755)を分析した結果

・危機的自治体:3
・危険自治体:171
・要注意自治体:434
・及第自治体:128
・優良自治体:16
・優秀自治体:3


ワースト1位は奈良県御所市となった。

ワースト5
1.奈良県御所市
2.北海道夕張市
3.青森県むつ市
4.大阪府泉佐野市
5.高知県須崎市



ベスト5
1.愛知県刈谷市
2.愛知県豊田市
3.東京都渋谷区
4.愛知県小牧市
5.徳島県阿南市
5.東京都港区


詳しい資料がほしい方はこちら

来年の統一地方選挙は財政再揃が争点にならなくてはならない!
このままの財政運営を継続すれば、必ず破綻する自治体はでてくる。
私も含む有権者は、この危機的状況を任せられる候補者を選択しなくてはならない。
今後の将来が決まる重要な選挙であるので、有権者が候補者を選択できる仕掛けを作っていく予定である。
posted by 税金知郎 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(3) | 財政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

岐阜裏金4億1,000万円の行方

岐阜県民だけでなく日本全国の一般の方々が怒りを覚えた岐阜の裏金作りについて、事件の概要が公表されているので、要約を紹介

(1)1994年情報公開条例施行以前の不適正な経理による資金(裏金作り)

・1994年以前は、全ての部署で不正経理による裏金作りを実施
・不適正な経理の手法は、旅費・消耗品・燃料費・食料費、日々雇用職員給与など
・1994年(平成6年)の裏金4億3,000万円

(2)1995年から1997年の状況

・情報公開条例施行により裏金作りを止めるよう口頭での指示
・過去に作った裏金の処理方法の支持はなし
・少なくとも1998年現在の裏金の現在高4億1,000万円

(3)資金が岐阜県職員組合へ集約されてからの状況(1998年から現在)

・岐阜県職員組合へ集約されたもの:2億1,100万円
・岐阜県職員組合へ集約されなかったもの1億9,900万円

(4)集約された資金(岐阜県職員組合の口座上の額)2億5,600万円の状況
(上記の2億1,100万円に教育委員会分約2,900万円などを合わせたもの)

・岐阜県職員組合による費消:約1億1,100万円
・現在高:1億4,600万円 

以上が調査報告の概要です。
詳細は岐阜県の不適正資金調査報告書を参照して下さい。

少なくとも以下の処罰等が実施されるよう切に思う。
・責任の所在の明確化(責任者の特定化)
・再発防止策の策定
・現在残っている裏金の住民サービスへの還元
・費消した裏金分を職員報酬から県の歳入へ繰入
・その他明るみにでていない違法行為がないかの徹底調査
梶原前県知事及び森元恒雄現参議院議員(前副知事)の関与の徹底調査

今回の事件で行政への信頼は失墜したに等しく、信頼を回復するにはより一層の努力が必要であろう。
少なくとも情報公開の徹底は大原則であり、さらに広範で詳細な情報公開を行なうよう義務づける法律に改正すべきだといえる。
またこれは、岐阜県だけでなく全国の自治体だけの問題ではない可能性が十分あるので、全ての自治体で調査すべきであろう。
自治体の自省のみにまかせていても徹底されない可能性もあるので、中央政府からも裏金の実態調査について強制的に調査させるよう指示を徹底すべきであろう!

これからは、市民がしっかりと行政と政治家を監視しなくてはいけないであろうし、また民主主義を機能させるには、市民が税金の使い方を知り・考え・決める仕組みが必要であることを改めて認識した事件である。
ラベル:岐阜県庁裏金
posted by 税金知郎 at 22:44| Comment(4) | TrackBack(2) | 納税者の権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さらば小泉グッバイ・ゾンビーズ〜おすすめの本その6

タイトル:さらば小泉 グッバイ・ゾンビーズ
著者:ベンジャミン・フルフォード

それにしてもこのタイトルは衝撃てきですね。
『フォーブス』記者で最近TVに登場することもあるベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)氏の著作。

小泉改革のデタラメを中心に、日本の実態を暴き、デタラメな改革を止めるためのメッセージで綴じられています。

簡単にいうと今の日本を支配しているのは、政治家・官僚・業界・ヤクザそしてアメリカという事。
要するに彼らの支配から逃れなければ、一般の市民は幸せになれないという事だ!

現在の状況を第二次世界大戦時の日本ともダブらせたり、導入の小泉総理の退陣のメッセージ(もちろんフィクション)は、読者の気をひく内容になっています。
また鈴木宗男糸山英太郎のインタビューなども必読です。

何も知らない人が読むとデタラメと思うかも知れませんが、不良債権の処理、バブル崩壊後の莫大な公共投資、大きな政府から小さな政府へなどこれら一連の政策を実行した事で、誰が一番得をしたのかを考えれば、納得です。

あなたは一生、政治家・官僚・業界・ヤクザそしてアメリカの奴隷でいたいですか?それとも自由を掴みたいですか?
これが、著者の読者に対する問いかけであり、一般市民の行動を促すメッセージだと思います。

目次
1.最後の1年
2.訪れた転機
3.本当の日本
4.大きな政府
5.地獄への案内人
6.横田幕府
7.再生への道


小泉総理や竹中大臣をわけもわからず支持している人にはぜひとも読んでほしい本です。マスコミの情報だけではこの国の実態はわかりません。
マスコミが正しいのか?本著が正しいのか?読者に任せるしかありませんが、とにかく読んでほしい一冊です。
posted by 税金知郎 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総工費1兆5,660億円の北陸新幹線は必要か?

さて私の故郷石川県金沢市のネタである北陸新幹線についての一言。

北陸新幹線概要は下記
区間:長野〜金沢までは現在までに着工済み(完成ではない)金沢〜福井間は未着工
総工費:1兆5,660億円(長野〜金沢間)2005年度までの累計予算5,460億円
距離:238km(長野〜金沢間)
開業予定:2014年

2006年から2014年までの10年間に年間平均約1,131億円総額1兆円を投じて建設することになります。

8月26日に富山県で開催された自民党のブロック大会でもこの話題にふれていました。
詳細はこちらを参照

安倍・谷垣・麻生3氏ともに北陸新幹線の必要性について言及しています。

しかしながら本当に必要なのでしょうか?
まず東京まで東京からのアクセスとして現在石川・富山には空港が3つもあります。
富山空港:東京〜富山計6便、富山〜東京計6便
小松空港:東京〜小松計11便、小松〜東京計11便
能登空港:東京〜能登計2便、能登〜東京計2便

これだけのアクセスを確保しているのにも係わらず、新幹線を作るには、空港の利用者を減らさずに、新幹線の利用者を増やす必要があるのではないでしょうか?

果たして上記を満たす事が出来るのでしょうか?

必要性については、富山県北陸新幹線対策連絡協議会のページに触れているので参照して下さい。

来年には統一地方選もあるので北陸新幹線の問題が争点になるような動きをつくれないかと一計企画しようと考えています。

地方も国も借金で火の車、次世代に負担を増やさない事を前提に、税金の使い方を決めならなければいけない時期にもうきています。

それを実現するには、判断材料を一般市民に与える事が、最低限必要であり、さらに税金の使い方を選択する選挙にしなくてはならないと私は考えています。

北陸新幹線の整備を今のように議論もないまま進めるのは、非常に問題があるので、今後もこの問題についてふれていきます。
posted by 税金知郎 at 02:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 納税者の権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

安倍晋三氏の政策活動費は断トツトップの年間約10億円

興味深いデータを入手したので報告する。
政治資金オンブズマン発表の2004年度の自由民主党から国会議員に支払われた年間政策活動費のランキング上位10名の結果は下記

2004年度
ランキング 氏 名 金額[万円] 割合[%]
1 安倍晋三 99,250 28.8
2 青木幹雄 28,820 8.4
3 武部 勤 26,050 7.6
4 津島雄二 15,500 4.5
5 中村正三郎 11,300 3.3
6 島村宜伸 8,500 2.5
7 柳沢伯夫 7,300 2.1
8 中川秀直 5,850 1.7
9 額賀福志郎 5,010 1.5
10 保岡興治  4,800 1.4
合計* 344,720
*合計は自由民主党全体

自由民主党全体で34億4,000万という額の多さにも驚きではあるが、次期総理間違いなしと考えられる安倍氏が断トツの9億9,250万円でなんと全体の28.8%

これを金権政治と言わずして何と言うのであろうか?

他の政党のデータを入手できていないので、相対比較はできないが、あまりの金額の大きさに絶句。

政党並びに議員には収入と支出の全てを公開し、政治献金を行なった氏名リストも公開する法律を制定すべきであろう!

個人情報保護法の問題から政治献金を行なったリストの公開につては、問題ありと考える意見もあるであろうが、政治家は公人であり、その公人へ献金した事になんら”やましいとこがない”のであれば、公開されても問題ないのではないか?

政治資金法の改正を強く望む。
posted by 税金知郎 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 納税者の権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

危ない自治体を見分ける方法その3 94%の自治体が自由に使える財源が不足している!まる税君の日本解体新書2006年8月24日号

情報配信サービス”まる税君の日本解体新書”の2006年8月24日号の内容紹介

今号のテーマは『危ない自治体を見分ける方法その3自由に使えるお金はあるのか』で、8ページのデジタルデータを配信

目次
1.財源の自由度を量る経常収支比率
2.経常収支比率ワーストランキング
3.経常収支比率ベストランキング
4.差がある財源の自由度!94%の自治体が要注意以下!
5.実質経常収支比率って何?
6.実質経常収支比率ワーストランキング
7.実質経常収支比率ベストランキング
8.これが本当の経常収支比率だ!97%の自治体が要注意以下と深刻な財源不足!
 人件費のカットしかない?


次回は2006年8月31日配信します。
内容は”あなたの住んでいる自治体は大丈夫か?〜危ない自治体を見分ける方法その4〜です”です。

お申し込みは下記をクリック
http://www.smslabo.com/service.html#maruzei
posted by 税金知郎 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 納税者の権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セコムの子会社(セコム上信越)が不正経理!新潟駅南口駐車場

最近、川口市の市営駐車場の赤字問題を川口市議会議員の唐澤義達氏と一緒に分析し、改善に向けた取り組みを行なっている矢先に、表記のニュースが飛び込んできた。

新潟市のJR新潟駅南口駐車場の運営委託を行なっているセコムの子会社「セコム上信越」の子会社「セコムジャスティック上信越」が不正経理による過少申告をし、98年から2004年6月までに7億2,800万円もの金額を懐に収めていた事になる。

詳細は下記参照
http://www.city.niigata.niigata.jp/info/youtai/ekisyu.htm

セコムといえば安心・安全を守る企業であるのに、市民の税金を騙し取るとはいかなる事であろうか?

さらにセコム上信越は5月にも課長がセキュリティ知識を悪用して図書カード215枚を盗難し逮捕される事件を犯したばかりである。

本当にセコムにセキュリティを任せて大丈夫なのか?会社の人材教育体制を疑わざるおえない。

新潟日報等で7月20日に事件についてのニュースが流れていたが、セコム上信越がweb上で謝罪を発表したのが7月28日。あまりにも遅い対応だと思いませんか?
しかもセコム本社からの謝罪等の発表は一切ありません。

また処罰は、同駐車場の管理や市役所警備など8件の委託契約を解除し、同日からセコム上信越指名停止6カ月セコムジャスティック上信越を同12カ月とする行政処分を通知したとあるが、はっきりいって甘すぎると思われる。厳罰に処すべきであろう。

この問題で浮き彫りになったのは、安易な民営化は問題だという事。
やはり会計のチェックは厳しく行なうのが鉄則であり、少なくとも自治体から会計士を派遣しチェックをさせるべきだといえる。

全国にも同じように市が所有する駐車場を民間企業が管理運営しているケースも少なくないであろうから、他の自治体も早急にチェックすべきであろうし、会計士は自治体から派遣すべきだろう。
posted by 税金知郎 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 納税者の権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

先輩の旅立ち

本日は非常に残念なお知らせ。

九鬼水軍の末裔であり共に一新塾で学んだ人生の先輩が、8月15日病のため旅立たれました。享年50の太く短い人生でありました。

本日の告別式にてお別れをさせて頂きました。

志半ばにして倒れられた事を考えると非常に残念でありますし、またご家族の心中を察するに余りありますが、心からご冥福をお祈り申し上げます。

アフリカの小国であるスワジランドの手作りキャンドルの販売をされていた先輩のお手伝いをさせて頂いたのをきっかけに、奥様共々大変お世話になりました。

先輩の大きく元気な笑い声、ほとばしる情熱、国を憂う気持ちに二度と触れる事が出来ない事を思うと、非常に寂しい思いであります。

時間を共有できた事に感謝の意を表すると共に、私が天にめされた時には黄泉の国で、酒を飲み交わしたいと思います。

残ったものとしては、市民が税金の使い方を知り・考え・決められる世界に誇れる国家実現に向け不退転の決意で活動を続けると改めて決意いたします。

今まで本当にありがとうございました。
posted by 税金知郎 at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あぶない自治体の見分ける方法その2借金は返せるのか?まる税君の日本解体新書2006年8月17日号

情報配信サービス”まる税君の日本解体新書”の2006年8月17日号の内容紹介

今号のテーマは『危ない自治体を見分ける方法その2借金は返せるのか?』で、9ページのデジタルデータを配信

目次

1.借金返済の負担を量る公債費負担比率
2.公債費負担比率ワーストランキング
3.公債費負担比率ベストランキング
4.こんなに差がある借金返済の負担?原発があるとどうなる
5.電源立地地域対策交付金って何だ?
6.債務償還可能年数って何?
7.債務償還可能年数ワーストランキング
8.債務償還可能年数ベストランキング
9.こんなに差がある借金返済能力!本当に借金は返せるのか?


次回は2006年8月24日配信します。
内容は”あなたの住んでいる自治体は大丈夫か?〜危ない自治体を見分ける方法その3〜です”です。

お申し込みは下記をクリック

http://www.smslabo.com/service.html#maruzei
posted by 税金知郎 at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 納税者の権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

自治体も破産する!危ない自治体を見分ける方法その1あなたの借金いくら? まる税君の日本解体新書2006年08月10日号

情報配信サービス”まる税君の日本解体新書”の2006年8月10日号の内容紹介

今号のテーマは『自治体も破産する!危ない自治体を見分ける方法その1あなたの借金いくら?』で、10ページのデジタルデータを配信

目次

1.自治体も破産するんだ!
2.財政再建団体の申請ってどういうこと?
3.財政再建団体になったら行政サービスはどうなる?
4.危ない自治体を見分ける方法ってあるの?
5.危ない自治体を見分ける方法その1あなたの借金いくら
6.実質債務残高倍率ワーストランキング
7.実質債務残高倍率ベストランキング
8.住民一人当りの実質債務残高ワーストランキング
9.住民一人当りの実質債務残高ベストランキング
10.こんなに差がある自治体の借金


次回は2006年8月17日配信します。
内容は”あなたの住んでいる自治体は大丈夫か?〜危ない自治体を見分ける方法その2〜です”です。

お申し込みは下記をクリック

http://www.smslabo.com/service.html#maruzei
posted by 税金知郎 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 納税者の権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

まる税君の日本解体新書2006年08月03日号

情報配信サービス”まる税君の日本解体新書”の2006年8月3日号の内容紹介

今号のテーマは『国家予算の本当の規模はどのくらい?地方財政の財政規模はどのくらい?』で、7ページのデジタルデータを配信

目次

1.国家予算の総額は?
2.国家予算歳出詳細
3.国の予算は複雑で借金の返済で火の車。地方は大丈夫?
4.2006年度地方財政歳入見通し〜地方もやっぱり借金運営〜
5.2006年度地方財政歳入見通し〜借金の返済に四苦八苦〜
6.地方の借入金残高推移
7.地方の借入金残高204兆円・・・


次回は2006年8月10日配信します。
内容は”あなたの住んでいる自治体は大丈夫か?〜危ない自治体を見分ける方法その1〜です”です。

お申し込みは下記をクリック

http://www.smslabo.com/service.html#maruzei
posted by 税金知郎 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 納税者の権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。