2006年11月29日

あーもったいない!大根・白菜の廃棄

遅ればせながら、あまりにもったいないので標記についてひと言

農林水産省が、ハクサイとダイコンの緊急需給調整(産地廃棄)を、同日から今月末まで実施すると発表した。

今年は豊作&気候が温暖なため供給過多となり廃棄し、価格調整を行うと共に農家へは交付金を支払い対応するとの事です。

◎大根・白菜の廃棄量と交付金
daikon2006.gif

◎大根・白菜の価格
daikontanka2006.gif

農業を行っていれば、必ず気候の影響を受けるので度々このような措置が行われていますが、大根や白菜などは非常に日持ちの良い食料ですし、安易に廃棄し交付金で農家の損失補てんとはいかにも策がなさすぎるし、もったいないではないか。

廃棄量に見あった交付金を農家に配布するのではなく、政府や自治体が買い取り下記のような取り組みをした方が良いのではないか?

・学校給食にまわす
・大根・白菜を使った料理教室や炊きだしなどのイベントをする
・ホームレスに直接および支援団体に配布する
・貧困で苦しむ国へ配布する


農協との調整も必要だが安価に直売する事も考えられる。

いずれにしても廃棄処分だけは改めるべきである。こんな事をしているから日本の自給率は上がらないし、廃棄が正しいとは、とても子どもに説明もできない。

”もったいない”ではすまされない対応だと言わざるをえないだろう。

(ちょうど冷蔵庫に大根・にんじん・豚肉があるので豚汁でも作ろう。)
posted by 税金知郎 at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。