2006年12月24日

特別会計は前年比49.9兆円削減の実態!2007年度特別会計原案分析

先日2007年度の国家予算案が公開された。
しかし報道等では特別会計についてあまり報道されてないので、当社で調査したので報告。

財務省の2007年度の特別会計の原案を基に昨年との比較を行ったものが下図である。

◎特別会計歳出純計比較(2006年度予算、2007年度予算)tokkai0607.gif
出所:財務省主計局特別会計改革の取組み状況についてを基に作成

純計額とは一般会計および特別会計間での出し入れを除いた額の事である。

結果として純計額は22.1%削減された。

内訳は下記
・国債償還費・利払い費・・・37.1兆円
・財政投融資金繰入・・・8.4兆円
・交付税および譲与税配布特別会計・・・4.5兆円
・改善すべき予算・・・0.7兆円


国債の償還費や利払い費が大幅に削減されたが故、純計額が減ったということ。歳出削減額のうち実に75.5%が国債の償還費および利払い費である。

これは満期になった国債の額が昨年度に比べ少ないだけで、改革の成果とはいえない。

少なくとも、2006年6月末現在日本が抱えている長期債務残高827兆円からいくら減額したか不明な状態では。

長期債務残高が削減できていないのであれば、単に返済を先送りにしているだけで、将来世代にとっては改革どころか負担増になるのは自明である。

改革の成果は、改善すべき予算0.7兆円と三位一体改革による地方交付税の減額4.5兆円の計5.2兆円と考えてよい。

2007年度は、一般会計82.9兆円に対して特別会計は総計で362兆円(純計175兆円)

国会や政府も特別会計を含めた総額の国家予算で税の使い方を議論すべきであり、マスコミも特別会計を含めた国家予算について報道する義務があるだろう。
posted by 税金知郎 at 10:50| Comment(2) | TrackBack(10) | 特別会計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。