2006年05月30日

納税者の権利プロジェクト川口市で始動

今回は川口市議会議員である唐澤義達氏の協力である実験を行ったので報告。

川口市の2004年度決算歳出ベースでの税金一万円の使い方についてまとめた図をビラとして作成し、さらにTシャツに印刷して、唐澤氏に配って頂いた。

川口市2004年度税金1万円の使い方Tシャツ
karasawa06053003.jpg

唐澤氏は平日は毎朝駅頭に立ち、政策をまとめた通信を配布しながら演説を行っている事は以前の日記でも記述した。

1万円の使い方のビラは駅頭での配布以外にも、ポスティング等により配布して頂いたが、市民の関心はいつもより高いという結果が現れた。

市民からの主な問い合わせは下記
・いつものビラよりわかりやすい
・詳しい内訳が知りたい
・保健体育費の内訳は?



市民は税金の使い方に関心があることがわかった。

次の展開としては、もう少し詳しく税金の使い方を学んでいただく場を提供する事と、市民のニーズを把握する事だ。

納税者の権利プロジェクトいよいよ始動といった感じです。

なかなかスタートとしては上々か。

納税者の権利プロジェクトについて詳しく知りたい方は下記を参照して下さい。
社会経営システム研究所納税者の権利プロジェクト

唐澤氏の奮闘ぶり
karasawa06053002.jpg
karasawa06053001.jpg
posted by 税金知郎 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 納税者の権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。