2006年08月28日

さらば小泉グッバイ・ゾンビーズ〜おすすめの本その6

タイトル:さらば小泉 グッバイ・ゾンビーズ
著者:ベンジャミン・フルフォード

それにしてもこのタイトルは衝撃てきですね。
『フォーブス』記者で最近TVに登場することもあるベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)氏の著作。

小泉改革のデタラメを中心に、日本の実態を暴き、デタラメな改革を止めるためのメッセージで綴じられています。

簡単にいうと今の日本を支配しているのは、政治家・官僚・業界・ヤクザそしてアメリカという事。
要するに彼らの支配から逃れなければ、一般の市民は幸せになれないという事だ!

現在の状況を第二次世界大戦時の日本ともダブらせたり、導入の小泉総理の退陣のメッセージ(もちろんフィクション)は、読者の気をひく内容になっています。
また鈴木宗男糸山英太郎のインタビューなども必読です。

何も知らない人が読むとデタラメと思うかも知れませんが、不良債権の処理、バブル崩壊後の莫大な公共投資、大きな政府から小さな政府へなどこれら一連の政策を実行した事で、誰が一番得をしたのかを考えれば、納得です。

あなたは一生、政治家・官僚・業界・ヤクザそしてアメリカの奴隷でいたいですか?それとも自由を掴みたいですか?
これが、著者の読者に対する問いかけであり、一般市民の行動を促すメッセージだと思います。

目次
1.最後の1年
2.訪れた転機
3.本当の日本
4.大きな政府
5.地獄への案内人
6.横田幕府
7.再生への道


小泉総理や竹中大臣をわけもわからず支持している人にはぜひとも読んでほしい本です。マスコミの情報だけではこの国の実態はわかりません。
マスコミが正しいのか?本著が正しいのか?読者に任せるしかありませんが、とにかく読んでほしい一冊です。
posted by 税金知郎 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22909459

この記事へのトラックバック

読書の日々
Excerpt: 今日読んだ本、今日思い出した本。今日の一冊について、書いてください。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-08-28 08:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。