2006年09月12日

住民一人当りの借金ワースト自治体とベスト自治体の職員給与比較

前回あなたの借金はいくら?住民一人当たりの実質債務残高ランキングを掲載したが、住民一人当りの借金ワースト1位と2位及びベスト1位と2位の自治体の職員給与の状況を調査したので報告

職員給与費の状況(普通会計予算)2004年度

salarytown2004.gif

職員の平均年齢、平均給料月額及び平均給与月額の状況(2005年4月1日現在)

salarytown200401.gif

注意:
1.「平均給料月額」とは、2005年4月1日現在における各職種ごとの職員の基本給の平均である。
2.「平均給与月額」とは、給料月額と毎月支払われる扶養手当、調整手当、住居手当、時間外勤務手当などの諸手当の額を合計したものである。ただし、賞与に当たる期末・勤勉手当は含まない。
3.国家公務員の平均給与月額には時間外勤務手当、特殊勤務手当等の手当が含まれていない。

・十島村と三島村が住民一人当りの実質債務残高ワースト1位と2位
・川越町と飛鳥村が住民一人当りの実質債務残高ベスト1位と2位

である。

職員給与比較をみると上記の事実を忘れてしまいそうである。

この国の行政には経営責任という概念はないのであろうか?

また、十島村が三島村の場所を、確認して頂きたい。

十島村のwebサイト
三島村のwebサイト

この場所で上記の給与があればどれだけの生活ができるのか?

経営責任だけでなく、給与制度自体の早急な見直しが必要である事は明白である。

地方公共団体職員の人事および給与制度の抜本的な改革なくして、財政再建はありえない。上記の給与比較はそれを再認識できるデータだといえる。
posted by 税金知郎 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 納税者の権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23628497

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。