2006年09月27日

安倍首相自らの給与30%カットについて

昨日、安倍内閣が誕生した。

とりあえず具体的な政策や数字が出ていない段階で、この内閣を評価するのは客観的ではないので、今後評価するとして、一点評価に値する事が発表された。

・安倍首相就任後初の記者会見で
首相自らの給与30%カットと国務大臣の給与を10%カットを表明

政治家が公務員の人事給与制度の改革を行なうには、まず自らの給与をカットしなくては、できない事は自明であろう。

その意味で、上記の安倍首相の表明は評価できる。

ちなみに現在の内閣総理大臣と国務大臣の棒給は下記

◎現在の内閣総理大臣と国務大臣棒給
・内閣総理大臣:2,071,000円(月額)
・国務大臣:   1,512,000円(月額)


◎減額後の棒給
・内閣総理大臣:1,449,700円(月額)
・国務大臣:   1,360,800円(月額)


これにプラスして議員報酬をもらっている。

はたしてこの表明により、”公務員の人事給与改革を断行できるかどうか”

まずはお手並み拝見といきたい
posted by 税金知郎 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 納税者の権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

安倍内閣発足によせて。
Excerpt: 無職でなければ国会中継もライブで見れないからと、昨日は安倍新内閣誕生の瞬間を見届けたのですが、 昨晩から今朝にかけての同じような報道ぶりに辟易とし、テレビなどは一切シャットアウト。 数日したら落ち着く..
Weblog: Happy Style!!
Tracked: 2006-09-27 11:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。