2006年10月06日

都道府県別経常収支比率のランキング

総務省:平成16年度都道府県及び市町村決算状況調べを基に、都道府県別の経常収支比率をまとめたので報告

経常収支比率の定義

経常収支比率とは、財政構造の弾力性を示す指標で、下記式で算出できる。

経常経費充当一般財源÷経常一般財源総額×100

経常経費の主なものは、まず人件費であり、扶助費であり、公債費である。このほか物件費、補助費、維持補修費、繰出金のなかの経常経費部分も大きい。

経常経費が大きいと投資的経費つまり道路や建物の建設などに充てる経費が捻出できないようになる。

経常収支比率は80%未満が望ましく80%以上90%未満が要注意ライン90%以上100%未満が危険ライン100%以上が危機的ライン

経常収支比率ワーストランキング

2004worstkeijyou.gif

経常収支比率ベストランキング

2004bestkeijyou.gif

都道府県平均:92.40
市区平均:90.40
町村平均:90.41


都道府県の平均が一番悪い。

危険ラインを超える都道府県は実に38団体もある。

公債費負担比率も都道府県の値が悪かった事からみても、都道府県の財政状況は極めて悪い事がわかる。

中央集権型の都道府県・市町村制度はもはや限界にきているようだ。

国と地方の役割と財源・権限のあり方を道州制を含め検討する段階に、いよいよ入ってきた。

単なる都道府県合併で終わるのか、大幅な権限委譲による地方分権が実現するのか?

地方分権は、統一地方選挙と次期参議院選挙の争点になると思われるので注視していきたい。
posted by 税金知郎 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方分権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。