2006年10月11日

川口市南地下駐車場の経営実態調査の続報

川口市南地下駐車場の経営実態調査を川口市市議会議員の唐澤義達氏と行なったので報告。

・2006年6月末現在の経営状況

一日平均駐車台数:72台(収容台数248台)
駐車率:ワースト33位(619公営駐車場中)注1),2)
運営赤字(4月〜6月):223万円
市税投入予想額(2006年度):9,080万円

注1):駐車率=1日平均駐車台数/収容台数
注2):順位は2004年度公営企業年間公営駐車場事業との比較

建設費の19億1,000万円の駐車場の実績がこれでは、作る必要性があったのかと言わざるをえない。

2006年10月06日に現場視察を行なったが、やはりというか散々な結果。

地下2Fは2台(月極契約のもののみ)
地下1Fは51台

唐澤氏の議会での質問により、30分無料などのサービスを行い始めたようであるが・・・

そもそも計画自体が誤りであったとしか言いようがない。

川口駅前には、南地下駐車場以外にも公営駐車場が2つあり、民間の駐車場もあるので、19億もかけて駐車場を建設する必要性などなかったとしか言わざるをえない。

現状では赤字を垂れ流すだけ。
現在の状況から考えると、地下1Fの利用率を上げる事は可能だが、地下2Fについては厳しいであろう。
地下2Fは駐車場として利用するよりは、別の用途を考えた方が、将来的な負担は軽減できるはずだ。

今後は、唐澤議員と料金収入を見込め、市民にも喜ばれる用途について考えていく。

地下1Fの状況
06100603.jpg

地下2Fの状況
06100601.jpg
posted by 税金知郎 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 納税者の権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25241013

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。