2006年11月29日

あーもったいない!大根・白菜の廃棄

遅ればせながら、あまりにもったいないので標記についてひと言

農林水産省が、ハクサイとダイコンの緊急需給調整(産地廃棄)を、同日から今月末まで実施すると発表した。

今年は豊作&気候が温暖なため供給過多となり廃棄し、価格調整を行うと共に農家へは交付金を支払い対応するとの事です。

◎大根・白菜の廃棄量と交付金
daikon2006.gif

◎大根・白菜の価格
daikontanka2006.gif

農業を行っていれば、必ず気候の影響を受けるので度々このような措置が行われていますが、大根や白菜などは非常に日持ちの良い食料ですし、安易に廃棄し交付金で農家の損失補てんとはいかにも策がなさすぎるし、もったいないではないか。

廃棄量に見あった交付金を農家に配布するのではなく、政府や自治体が買い取り下記のような取り組みをした方が良いのではないか?

・学校給食にまわす
・大根・白菜を使った料理教室や炊きだしなどのイベントをする
・ホームレスに直接および支援団体に配布する
・貧困で苦しむ国へ配布する


農協との調整も必要だが安価に直売する事も考えられる。

いずれにしても廃棄処分だけは改めるべきである。こんな事をしているから日本の自給率は上がらないし、廃棄が正しいとは、とても子どもに説明もできない。

”もったいない”ではすまされない対応だと言わざるをえないだろう。

(ちょうど冷蔵庫に大根・にんじん・豚肉があるので豚汁でも作ろう。)
posted by 税金知郎 at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鯖江市を知ってください。

鯖江市河和田は、業務用漆器(ホテルやレストラン等で使われる漆器) の製造で全国の80%を超える全国一の産地。
全国の漆器産地で、伝統的工芸品産地に指定されているのは22産地ありますが、河和田の漆器は、継体天皇が産地の起源とされ、1500年の歴史がある全国最古の産地です。
皆さんが、よく知っている産地の、石川県の輪島塗・山中塗器・岐阜県の飛騨春慶そして京都の京漆器と比べると、全国最古の産地としては、知名度は今一なので・・・・・「世界に誇れるさばえを一人でも多くの人に知って頂く為に・・・!。」をモットーに頑張っております。
素晴らしい河和田の漆器を知ってください。
その鯖江市を事細かに日掲載しているホームページ→ひゃくさんのブログhttp://ameblo.jp/hyakuo/entry-10020318924.html#c10032735812を一度、見てください。

もしよければ?HPのほうにリンク貼らせて頂きますと幸いです!
今後もよろしくおねがいします<(_ _*)>

大変失礼致しました・・・。
Posted by ひゃくさん at 2006年11月29日 17:57
コメントありがとうございました。

blogおよびHPを拝見しました。

『市民に開かれた市民のための市政』
当たり前のことなんですが、なかなかできていない自治体なか、鯖江市の取り組みに期待しています。

なにより前向きで明るい姿勢に共感をおぼえます。

リンク貼らせて頂きました。

できれば相互リンクして頂ければと思います。


Posted by 社会経営システム研究所 at 2006年11月29日 19:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。