2006年12月08日

日本は教育費の公的負担の割合が最も低い!まる税君の日本解体新書2006年12月8日号

情報配信サービス”まる税君の日本解体新書”の2006年12月08日号の内容紹介

本日のテーマは、日本は教育費の公的負担の割合が最も低い!です。

資料の目次は下記です。

1.日本はGDPに対する教育費の公的負担割合が先進国中最低!
2.生徒一人当りの義務教育費の家計負担額はOECD加盟国中4番目に高い!
3.高等教育の家計負担割合は60.34%!断トツに高い!
4.データ集生徒一人当りの教育費の負担割合(段階別)


次回は12月14日配信予定です。

お申し込みは下記をクリック
http://www.smslabo.com/service.html#maruzei
posted by 税金知郎 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 納税者の権利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。