2006年12月11日

起債制限団体は30団体・起債許可団体は382団体!全国市町村実質公債費比率ランキング

先週の週刊文春の記事でも公表されていたが実質公債費比率のランキングについて。

総務省から全国の市町村の実質公債費比率を入手したので報告。

◎実質公債費比率市町村ランキング
kousaihiritu05city.gif
出所:総務省平成17年度地方公共団体の主要財政指標一覧を基に作成

実質公債費比率とは、地方自治体の収入に対する借金返済の割合の事で、借金には一般会計だけでなく特別会計や公営企業(上下水道、公営病院など)の借金も含まれている。

実質公債費比率が18%を超えると起債に許可が必要になり、25%を超えると、単独事業の起債が認められなくなり、起債制限団体となる。

起債制限団体: 30団体(1.6%)
起債許可団体:382団体(20.7%)


夕張市より悪い団体は7団体ある。

夕張市の財政破綻が他人事ではない自治体があることは明らかである。

都道府県内市町村の平均値を比較した結果が下記表である。
島根県、青森県、山形県は平均値が起債許可団体レベルである。

地域単位で考えると山陰中国地方・東北地方が特に悪く、地域による格差がくっきりでている。

状況の悪い団体は、なぜこのような状態になってしまったのか?どのように借金を返済するのかを説明する責任があるだろう。

来年は統一地方選があるが、これらの状況を鑑みて議員や首長を選出する確かな目を我々市民はもたなければならないだろう。

行政の失敗のつけは必ず市民に跳ね返ってくるのだから。


◎実質公債費比率都道府県ランキング(都道府県内市町村平均)
kousaihiritu05prif.gif
出所:総務省平成17年度地方公共団体の主要財政指標一覧を基に作成
posted by 税金知郎 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 財政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29451848

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。