2006年12月13日

注目の大人も受けるべき授業を受講〜杉並区立和田中学校『よのなか科』に参加!〜

杉並区立和田中学校『よのなか課』の授業に本日に参加した。

「よのなか科」概要
◎授業時間
道徳×1+総合学習×1=2コマで構成
◎対象
中学校3年生
◎目的
学校で教えられる知識と、実際の世の中との掛け橋になる授業で、人生のあらゆる局面で遭遇する諸問題に対して知識をどのように使えばいいかを習得する事を目的としている。
◎カリキュラム内容
経済の本質を学ぶ×5回
ハンバーガー店の店長になってみよう・円高・円安(為替)と世界経済など
政治の本質を学ぶ×8回
シムシティで市長の仕事を体感する・大きな政府、小さな政府など
社会の諸問題を考える×15回
自殺問題から生きることと死ぬことを考える・宗教について考えるなど

受講して、学生の頃から漠然と思っていた現実の社会と学校の授業との乖離を埋めてくれるものであり、必修化すべき内容であると同時に新しい学校のあり方の指針になる授業だと感じた。

そう感じた理由は下記
・上記に示したとおり「よのなか科」では実際の社会での諸問題、経済活動・政治をテーマにしているので、他の授業で習得する情報処理能力をどのように使って対処すればよいのかを学べるから
・地域の人だけでなく大人が授業に参画する事を前提にして組み立てられている事で、双方がそれぞれの考え方を理解し、大人と子どものコミュニケーションが深まり、教育の現場で起こっている問題に対しての対応を、学校だけに押し付けるのではなく社会全体で対応していく素地になるから

この授業は、現在問題になっている学校でのいじめや生徒の自殺についての一つの解決策になるだけでなく、学校で何をおしえるべきなのかを改めて問いただす画期的な授業である。

扱っているテーマが宗教や政治やお金もうけの話、つまりは現実の社会で起こっている事であり、これらは今まで教育の現場ではある意味タブー視されていたものばかりである。

なぜ教えてこなかったのか?を考えるよりは、教えてこなかったから“どうなったかを“を考えるとよりこの授業の重要性が認識できる。

自殺者が年間3万人、いじめの問題、国の長期債務残高、破綻する自治体が出てくる、税金のむだ遣いをするだけでなく裏金作りにいそしむ行政のモラル欠如など、社会にあふれる諸問題に対して有効な対策を打てていない現状は、実際の社会で起こっている問題を授業のテーマとして取り扱ってこなかったらではないか。

よのなか科の授業は、社会に真正面から対峙しておりこれを中学生から体験できる意義は大きいだろう。我々大人がうけても価値があるどころか、受けるべき授業だと言っても過言ではないだろう。

今回受講した授業は『宗教について考える』という本質的かつ難しいテーマであったが、大人よりも生徒の方が立派な意見を述べていたぐらいである。

授業を受講したあと校長である藤原氏から、国民が政治に関心がないのは、税金の入り口と出口の議論をしていないからだと仰っていた。

我々は、“政治とは税に始まり税に終わる”にも係わらず、市民が税について無知であるがゆえ、政治に関心がないことを問題視し、市民が税金の使い方を知り・考え・決める社会の実現を目指して活動しているのと、着眼点が同じだ。

我々はこの考え方は、正しいと確信して行動しているが、教育現場で改革を断行し結果を残している藤原氏が考えている問題意識と重なり合った事で、やはり方向性は正しいという事を再認識できた。

授業の内容も大変素晴らしく有意義であった事はもちろんであるが、ついでに我々の活動の方向性の正しさを認識できたのはまさに収穫。

確かに我々の目指すゴールへの道のりは険しいが、同じ認識をもって活動し教育現場で結果を残している人がいるのだから、地道に普及活動を行えば必ずや実現できるだろう。
posted by 税金知郎 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29578562

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。