2006年04月24日

昨日の選挙結果について

千葉7区補選の結果は、僅差の955票差で前千葉県議会議員太田和美氏(民主公認)が前埼玉県副知事である斎藤健氏(自民公認)をやぶり初当選。

岩国市長選挙は、住民投票を実施した基地移転反対派の井原勝介氏(無所属)が当選。
沖縄市長選挙は、嘉手納基地(沖縄市など3市町)の自衛隊との共同使用に反対の東門美津子氏(無=民主・共産・社民・自連合推薦)が当選

与党全敗といった結果でしたね。

この結果についての見解であるが、現与党である自民党議員の数があまりにも多数であり、野党第一党の民主党もあまりに不甲斐ないため、政治に緊張感がなくなり政治の質が低下していると常々感じていたので、国民にとって喜ばしい結果であると思っている。

だいたい万年与党・万年野党が定着化している国家が民主主義国だといえるわけがないではないか。

来年の統一地方選、参院選はどうなるのか?
いよいよこの国にも、一般市民が政治や行政を動かせる健全な民主主義がうまれるのか?
傍観者ではなく市民が主役の社会実現に向けて多方面から仕掛けていきたい。
posted by 税金知郎 at 05:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。